観察記録

平成22年7月11〜20日

「舞岡公園観察記」に戻る


舞岡公園の植物図鑑」「舞岡公園の野鳥図鑑
舞岡公園の昆虫図鑑」「舞岡公園のきのこ図鑑
 もご覧ください


7月17日(土)
 ・午前中、小谷戸の里でのボランティア作業をおえて散策に。
  公式に「梅雨明け宣言」が発せられた、強い陽射しと風の吹く中、真昼の2時間ほどを散策。

          (上左から、ツルニガクサ、コマツナギ、コムラサキ、ハギ)
          (中左から、セリ、アキカラマツ、クサギ、オニスゲ)
          (下左から、ナワシロイチゴ、梅雨明け空、風わたる、クロナガキマワリ?)

          (上左から、ミドリシジミ、〃手乗り、クロバネツリアブ?、アシナガグモ)
          (下左から、ナガコガネグモ成体、〃幼体、コガタコガネグモ、ヨツデゴミグモ)


7月14日(水)
 ・西日本では梅雨明け前の大雨で被害が出ているが、南関東では今日で梅雨が明けたと思われる青空に。
  強い風の吹く中、真昼の2時間ほどを散策。

          (上左から、ヤマユリ、〃、〃、アゼムシロ)
          (中左から、ヒマワリ、イヌゴマ、カゼクサ、ハナヤスリ)
          (下左から、キンカン、カラタチバナ、〃、タケニグサ)

          (上左から、ニオイコベニタケ、?、?、?)
          (下左から、ベニイグチ、?、?、?)

          (上左から、キタテハ、〃、モンキアゲハ、〃)
          (下左から、ヒメアカタテハ、モンシロチョウ、キアゲハ幼虫、ハグルマエダシャク)

          (上左から、ジンガサハムシ、センチコガネ、?、?)
          (下左から、チャバネアオカメムシ幼虫、シロオビトリノフンダマシ、サツマノミダマシ、ウワミズザクラ)


7月11日(日)
 ・今日は参院選の投票日ですが、期日前投票を済ませているので、天候を気にすることのない日。
  暑い日だが真昼の2時間ほどを散策。

          (上左から、ミソハギ、ヌマトラノオ、チダケサシ、キンミズヒキ)
          (下左から、ミツバ、アシナガグモ、オオシロカネグモ、クサグモ)

          (上左から、ヤマトシジミ、ヒメウラナミジャノメ、タケカレハ幼虫、?)
          (中左から、コウゾハマキモドキ、〃、セグロベニトゲアシガ、ミカドドロバチ)
          (下左から、キマワリ、オオクモヘリカメムシ、ミナミアオカメムシ 4 齢幼虫、ドクツルタケ)





平成22年1月(上旬中旬下旬)、2月(上旬中旬下旬)、3月(上旬中旬下旬)、
4月(上旬中旬下旬)、5月(上旬中旬下旬)、6月(上旬中旬下旬)、
7月((上旬下旬)、8月(上旬中旬下旬)、9月(上旬中旬下旬)、
10月(上旬中旬下旬)、11月(上旬中旬下旬)、12月(上旬中旬下旬)

平成21年1月(前半後半)、2月(上旬中旬下旬)、3月(上旬中旬下旬)、
4月(上旬中旬下旬)、5月(上旬中旬下旬)、6月(上旬中旬下旬)、
7月(上旬中旬下旬)、8月(上旬中旬下旬)、9月(上旬中旬下旬)、
10月(上旬中旬下旬)、11月(上旬中旬下旬)、12月(上旬中旬)、









inserted by FC2 system