観察記録

平成21年6月10〜20日

「舞岡公園観察記」に戻る


舞岡公園の植物図鑑」「舞岡公園の野鳥図鑑
舞岡公園の昆虫図鑑」「舞岡公園のきのこ図鑑
 もご覧ください


6月20日(土)
 ・梅雨の中休みか、蒸暑い晴れの日。3日ぶりの散策。
  クサレダマ、オカトラノオ、ウツボグサ、ジャノヒゲなど、新しい花が咲き始めていた。

(画像をクリックすると拡大できます。元のページにはエクスプローラ・バーの「戻る」を利用してください。)

          (上左から、クサレダマ、オカトラノオ、ウツボグサ、ジャノヒゲ)
          (下左から、ナンテン、ママコノシリヌグイ、ギボウシ、サカキ)

          (上左から、イヌタデ、ハナショウブ、マヤラン、チゴザサ)
          (中左から、ヤマユリ、ヒメジョオン、ネジバナ、ホタルブクロ)
          (下左から、キンシバイ、リョウブ、ナシ、草取り風景)

          (上左から、?、ホタルガ、ナミアゲハ幼虫、オオシオカラトンボ)
          (中左から、クマバチ、アオハナムグリ、アワタケ、〃)
          (下左から、?、?、?、?)

6月17日(水)
 ・リョウブの花が満開近く、トラフシジミなどのチョウが飛びまわっていた。

(画像をクリックすると拡大できます。元のページにはエクスプローラ・バーの「戻る」を利用してください。)

          (上左から、トラフシジミ、カラスアゲハ、アオスジアゲハ、ヒョウモンチョウの一種)
          (下左から、キマダラセセリ、ミドリシジミ、〃、〃)

          (上左から、コムラサキとスズメバチの一種、トラマルハナバチ?、クサギカメムシ、オジロアシナガゾウムシ)
          (下左から、トマト、柿、?、?)

6月16日(火)
 ・このところ虫追いが続いていたので、新しい花も探しに。リョウブの花ではトラフシジミを探したが、まだ見つからない。
  ミドリシジミやヤナギの樹液に集まる虫も追跡してみた。

(画像をクリックすると拡大できます。元のページにはエクスプローラ・バーの「戻る」を利用してください。)

          (上左から、ヤマホタルブクロ、トモエソウ、キンシバイ、アジサイ)
          (下左から、ハギ、ハンゲショウ、キキョウ、オカトラノオ)

          (上左から、オオカモメヅル、オオマツヨイグサ、リョウブの花とイチモンジチョウ、キマダラセセリ)
          (下左から、スジグロシロチョウ、セイヨウミツバチ、ニホンミツバチ、コマルハナバチ)

          (上左から、ミドリシジミ♀ B型、〃、〃、〃)
          (中左から、ミドリシジミ♀ O型、〃、〃、アカサシガメ)
          (下左から、ミドリシジミ、〃、樹液酒場に集まったルリタテハ・サトキマダラヒカゲ・スズメバチ、ダルマカメムシ)

6月15日(月)
 ・きのう、ひとりでミドリシジミの卍飛びを見に行った妻が「なぜミドリなのか」翅を開いた姿を見たい、というので、
  午前中一緒に散策に出ました。あいにく見られませんでしたが、コムラサキとのこぎりクワガタを初めて見ることができました。

(画像をクリックすると拡大できます。元のページにはエクスプローラ・バーの「戻る」を利用してください。)

          (上左から、コムラサキ・ノコギリクワガタ・サトキマダラヒカゲ、〃、ミドリシジミ、〃)
          (中左から、モンキチョウ、コミスジ、キマダラセセリ、クロウリハムシ)
          (下左から、クロベッコウハナアブ、キンバエ、シオカラトンボ?、メジロ)

6月13日(土)
 ・きのうは「大腸内視鏡検査」を受けました。前日の食事制限、きのうは午前中に腹の中をカラッポにして、
  午後、秋葉原まで電車に乗って病院へ。何の異常もない結果だったようで、来週に詳しい受診結果を聞きます。
  今日の午前中、散策に出ましたがバテました。忙しいスケジュールの明日に備え、夕方の外出はやめました。

(画像をクリックすると拡大できます。元のページにはエクスプローラ・バーの「戻る」を利用してください。)

          (上左から、カワリハツ、ヒロハシデチチタケ、ヒナノヒガサ、?)
          (下左から、ハンゲショウ、アカメガシワ、ハエドクソウにとまるマダラコシボソハナアブ、〃)

          (上左から、コジャノメ、ヒカゲチョウ、カノコガ、?)
          (中左から、ヒメヒゲナガカミキリ、アシナガムシヒキ、?、ショウジョウトンボ)
          (下左から、ノコギリカメムシ、オオクモヘリカメムシ、?、イオウイロハシリグモ)

6月11日(木)
 ・関東地方はきのう梅雨に入った。が、早速「中休み」に入るのか2時すぎには晴れ間がのぞいたので、散策に。
  小さな虫にたくさん出会え。

(画像をクリックすると拡大できます。元のページにはエクスプローラ・バーの「戻る」を利用してください。)

          (上左から、ヤマアジサイ、〃、〃、アマチャ)
          (下左から、?、ミゾカクシ、芦の葉、ササクレヒトヨタケ)

          (上左から、ミドリシジミ、〃裏翅、〃♀ A 型、卍飛び)
          (中左から、モンキチョウ、キタキチョウ、ベニシジミ、〃)
          (下左から、ツバメシジミ、スジグリシロチョウ、タケカレハ幼虫、コガシラアワフキ)

          (上左から、ヨモギハムシ、ジンガサハムシ、ゲンジボタル、ナガニジゴミムシダマシ)
          (下左から、カミキリの一種、トホシオサゾウムシ、ヤサイゾウムシ、オンブバッタ)

          (上左から、ウズラカメムシ、ヒメジュウジナガカメムシ、ショウジョウトンボ、ヤゴ抜け殻)
          (下左から、ヒメギス、ツチイナゴ、ササグモ、コマチグモ一種)




平成21年1月(前半後半)、2月(上旬中旬下旬)、3月(上旬中旬下旬)、
4月(上旬中旬下旬)、5月(上旬中旬下旬)、6月(上旬下旬)、
7月(上旬中旬下旬)、8月(上旬中旬下旬)、9月(上旬中旬下旬)、
10月(上旬中旬下旬)、11月(上旬中旬下旬)、12月(上旬中旬下旬)、

平成20年1月(上旬中旬下旬)、2月(上旬中旬下旬)、3月(上旬中旬下旬)、
4月(上旬中旬下旬)、5月(上旬中旬下旬)、6月(上旬中旬下旬)、
7月(上旬中旬下旬)、8月(上旬中旬下旬)、9月(上旬中旬下旬)、
10月(上旬中旬下旬)、11月(上旬中旬下旬)、12月(上旬中旬下旬)、








inserted by FC2 system